業務内容

業務内容

電力事業部(送電線工事・ヘリ工法)

■送電線工事
  • 発変電設備工事
  • 地中線設備工事
  • 電気設備工事
  • 内面塗装工事

送電線がなければ電気は家庭にも工場にも送れません。山奥で、地上数百メートルを越える所で、命掛けの高所作業が展開されていることなどは一部の人にしか知られていません。

<能越幹線(500kV)完成>

 

■ヘリ工法

関西電力株式会社、株式会社エフテック、朝日航洋株式会社の3社の協力で実現した画期的な送電線建設工法です。

<特許>
特許第3717910号
特許第3717911号

山間地においての鉄塔組立、解体工事の工法(クレーン式、台棒式)は、鉄塔の周辺及び近くの道路までの作業スペースを広く確保する必要がありました。
ヘリ工法は、既設鉄塔を利用し鉄塔部材をヘリコプターにて搬送した状態で鉄塔組立(嵩上げ)解体ができ、最小限のスペースで作業が可能であり、短期間に効率よく、安全に鉄塔組立及び解体作業を行うことができます。

<鉄塔組立工法#1>

既設鉄塔と同じ高さまでは、鉄塔部材を2本ずつヘリコプターで輸送し、既設鉄塔の塔体部に仮置き後、所定の位置に降ろして組み立てる。既設鉄塔より上部の組立は、地組状態のまま輸送して組立鉄塔に接続する。

<鉄塔解体工法#2>

鉄塔上に設置した吊りワイヤーをヘリコプターの動きだけで取り付けし、ボルトの代わりに設置したバネ付き安全ピンを作業員が安全な場所から引っ張ることによりピンを外し分離し、この状態でヘリポートまで輸送する。

<輸送時の回転抑止方法#3>

荷の回転抑制のため3本のナイロン製スリングロープとスペーサにより構成される吊下げ部並びに吊荷方向の微調整機能をもつ回転フックを備える「荷回転調整治具」により鉄塔の分離、接合がスムーズに行えます。


<ヘリ工法建設イメージ>